乳酸菌と善玉菌の関係について

乳酸菌と善玉菌の関係について

 

乳酸菌という名前を知っている方は多いでしょう。しかし、どういう働きをしているかを知っているは少ないと思います。乳酸菌は腸の運動を促進する働きやビタミンの生成の他に、善玉菌の栄養分となって増殖を補助します。善玉菌は腸内に生息しており、悪玉菌や日和見菌も一緒に生息しています。 

 

日和見菌は、腸内で最も多く存在しており、善玉菌と悪玉菌の情勢によってその働きを変えます。つまり、善玉菌が優位の時は善玉菌に加勢し、悪玉菌が優位のときは悪玉菌に加勢するのです。普段は免疫を向上したり、ビタミンを生成しており、悪い菌ではないのです。日和見菌が悪い働きをしないためには、悪玉菌が優位にならないようにしなければいいのです。 

 

善玉菌はストレスや病気などによって働きが弱くなってしまいます。乳酸菌は、善玉菌の働きを助け、善玉菌が働きやすい腸内環境にします。そうすることで悪玉菌が減少していき、腸内環境が改善されるのです。腸内環境を良くすることで肌荒れといった美容や免疫力のアップといった健康に対する働きを実感することができます。膝の痛みに効くグルコサミンも肌荒れに対して有効だと言われていますが、乳酸菌の方が効果的でしょう。

 

乳酸菌を多く含む食物はヨーグルトなどの乳製品、または味噌やキムチなどの発酵食品です。これらの食品は毎日の食事に取り入れやすいです。善玉菌の働きを活発にして健康で過ごすために、日頃から乳酸菌を積極的に摂取していきましょう。