乳酸菌で花粉症対策

乳酸菌で花粉症対策

 

春が近づくにつれて、だんだんと暖かくなり気持ちが穏やかになる人もいればそうでない人もいます。そう、花粉症が発症する季節だからです。花粉症は鼻水・くしゃみ・目のかゆみなどを症状とするアレルギーの1種です。症状がひどい人は薬を服用して、症状を抑えるしかありませんでしたが、乳酸菌が花粉症に対して効果があるということがわかってきました。今回は、そのことについて書きます。 

 

乳酸菌は動物の腸内に存在しており、乳酸やビタミンなどを生成しています。また、悪玉菌の増殖を抑え、腸内環境をよくする役割もしています。さらに、アレルギーが発生の原因となる食物の腐敗を抑え、免疫機能を活性化する役割もあるのです。そのため、乳酸菌はアレルギー全般の症状を改善してくれるのです。 

 

ただ、注意しなければいけないことがあります。それは、乳酸菌の種類です。種類によって乳酸菌の役割が異なりますので、摂取する菌がそれでいいのか確認する必要があります。また、摂取した乳酸菌は常に腸内にいるわけではなく、いずれは排出されてしまいます。

 

ですので、定期的に摂取しなければいけないのです。すぐに効果が出るわけではないので、実感しにくいかもしれません。時間の経過とともに、少しずつ効果が出てきます。その時は、花粉症で悩むこともなくなっているでしょう。